読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館食道楽プラス

函館で食べたり、見たり、聞いたりしたことと、仕事の話とか。

久々に上京しましたんで、田舎者丸出しで歩いてきましたよ:01

ちょっと仕事上の都合で東京まで行ってきました。祖母の喜寿祝いが実家の方でありまして、その予定と合わせての上京です。東京へ行くのは実に5年ぶり?とか、それ以上とかそんな感じ。1泊2日で翌日は仕事と帰函ということで、友人Cさんと素敵な仲間達と食事をするという以外はほぼノープラン。途中で上京早々に知人と少し会うという飛び込みの予定はありましたけどね。名古屋での諸々についてはまた別の投稿で。

f:id:taberu_hakodate:20121014124651j:plain

新しいICレコーダーが欲しかったので秋葉原へ。目的のブツを手に入れた後、空腹を感じヨドバシカメラ秋葉原店レストラン街へ行くコトに。「東京名物的なものを食べたいぜ!」と思ったものの、ノープランですしね。東京名物ったって思い浮かびません。歩きまわるものイヤでした。そんなわけで、東京といえば洋食でしょという安易な発想で「東京洋食屋 神田グリル」へ。

席に座った段階で「そういえば、今日は個人的に休日なのだった」と思いだし、昼生ビールをぐびり。オーダーしたメニューは下手に日和ってヘルシーかな?ってことでチキンカツ。鶏の胸肉をしっかり叩いてひらたくやわらかくした後に薄い衣をつけてカラッと揚げたところにデミグラスソース。柔らかく食べやすい。ライスに良く合います。

f:id:taberu_hakodate:20121014124654j:plain

秋葉原を後にして東京駅へ。なんでも丸の内駅舎として親しまれていた大正3年当時の姿に復元され、リニューアルオープンされたばかりということで、どっちの出口だかわかりませんけど気がついたら大勢の人が天井に向かってカメラのシャッターを切っていました。一億人総カメラマンだね。

f:id:taberu_hakodate:20121014124657j:plain

中途半端な場所から見上げたので、中途半端な感じのカット。薄い黄色と茶色の組み合わせは、チョコバナナを彷彿させてくれます。個人的には汚くても古くても"そのまま"の状態のものに惹かれる傾向があるので、綺麗な復元済みの天井には感心はしても感動はあんまりしません。そういう意味では函館の五稜郭公園の奉行所についても同様ですねー。建物として素晴らしいと思いますけど!

f:id:taberu_hakodate:20121014124706j:plain

ガラス張りというか、窓だらけで空と周囲の様子が反射するビル群は都会っぽくて素敵ですね。無条件で画になります。

f:id:taberu_hakodate:20121014124713j:plain

東京駅へ向かって撮影。時期的にもわりと大勢の人々が駅舎の写真を撮影していましたよ。一眼ならともかく、コンデジてパシャパシャするのは田舎から出てきた(事実)みたいで粋じゃないなーと感じつつ。それにしても、あの小さな窓一つ一つに人がいるんだなと思うと複雑な気持ちになります。なんというか、人間の欲望のようなものを感じますことよ。

これだけ多くの人が集まっていれば、そりゃ経済も回りますよね。イイ悪いはともかく、同じ土俵に立っていては、太刀打ちできませんよねえ。