読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館食道楽プラス

函館で食べたり、見たり、聞いたりしたことと、仕事の話とか。

ひさしぶりにオムライス。

f:id:taberu_hakodate:20120921000726j:plain

まだはてなブログの使い方がよくわからない。写真を投稿すると勝手にサムネル化されるのかな?文章は後で。とりあえず写真だけ。

ひさびさにラッキーピエロへ行き、オムライスを食べたので。

時は奇しくも9月19日。ラッキーピエロの総本店が七飯町の峠下にOPENしたその日だったり。十分にその総本店に行く時間はあったのだけれど、ここは敢えて「既存店」で、と北大前のお店へGO。ここ最近、万年ダイエットのため卵自体を食べる機会が少なくなっているのだが、元々エッグラーな私は時折無性に半熟卵が食べたくなるのだ。

そんな"卵欠乏症"気味なおりに、脳内にリフレインするのがラッキーピエロのオムライスなのである。

だがしかし、私も学生時代とは異なりいい年でありんす。レギュラーサイズのオムライスを食すのは胃袋的にも体的にも、なんていうか、いろいろしんどいわけで。どこか日和って「レディースセット」なる卵は3個、ご飯はレギュラーよりも気持ち少なめで、かつ、烏龍茶がついているセットにしてしまうのである。

それでも十分大きいんだが、心のどこかで抱える罪悪感をほぐすには十分なのだ。

ところで、このラッキーピエロ。ほぼその場で作っていることから、お店によって上手い下手があるのだ。もちろん、味自体は統一されているといえるのだが、整形や「卵の半熟具合」などが見事に異なる。そういう意味で言えば、今回のオムライスは完熟でいわゆる定食屋さんのガッチリオムライスといった様。せっかく勇気を出してオムライスを食べようと決意したのに、思い描いている半熟具合ではなく、少し残念だった。これは近々再び別の店でオーダーせねばならぬ←

 

時間は前後するけれど、下の写真はモスバーガーのモーニングセットの1つ。その名もズバリ「モーニングプレート」だ。ワンコインでお釣りがくる驚きの安さで、サラダ・トースト・ソーセージ・フライドポテト・ミニオムレツ・ドリンクが付く。

f:id:taberu_hakodate:20120921000719j:plain

函館はどちらかといえば車文化の街なので、喫茶店でモーニングを食べてから出勤するという習慣がなく、そんなに混雑していないのだけれど、なかなかいいと思う。なにせ11時まで食べられるしね。遅い時間までやってるモーニングといえば、湯川のモカソフトで有名な「きくち」。14時だか15時だかまでオーダーできるはず。こちらは値段が確か660円くらいだったかな。ちょっと値が張る分、喫茶店のコーヒーとふっかふかのトースト、目玉焼きに山盛りの千切りキャベツが味わえてお得感がある。モーニング大国名古屋とはまた違った意味で食べごたえがあるといえる。