読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館食道楽プラス

函館で食べたり、見たり、聞いたりしたことと、仕事の話とか。

イカスミ餃子とカレー焼きそばを横丁の『いか家』さんで。

f:id:taberu_hakodate:20140802111110j:plain

花火大会の撮影があったので、17時半過ぎには大門にいた。この日はなかなかの夏日で珍しく函館市内は熱風が吹き荒れていたわけで…

腹ごしらえは必須条件なのである。

なかなか大門をぶらつく機会が作れないので(や、気持ちの上ではいつもぶらつきたい思いで一杯なんですよ)、たまにブラつくとあっちの店にもこっちの店に行ってみたくなるわけですが、やはり安心して気安く飲み食いできる店に落ち着くことに。

1年に何度かしか顔を出さないのに、きっちり顔を覚えて迎えてくださる「いか家」さんはホント、ありがたいお店だなあ。

さて、この日は名物の「いか墨餃子」と炭水化物の補給wで「カレー焼きそば」。夏は餃子と焼きそばでしょう!「いか墨餃子」は優しい塩味が付いているので、タレを付けずに口に放り込む。マイルドな味わいはずっと食べていても飽きない。ビール、餃子、ビール、餃子の永久機関が出来上がる勢いだ。

この店のどの餃子もそうなんですけど、皮がモッチモチで汁がじゅわっとたっぷりなので、やっぱり定期的に食べたくなるんだなー。

f:id:taberu_hakodate:20140802112308j:plain

「カレー焼きそば」。カレー独特のスパイシーな風味が食欲ソソってくれますわ!炭水化物バンザイ!

そういえば、たまに「いか家」さんにも食べに来るらしい「めんそ~れ親父」さん(函館出身・沖縄育ち)が、今後はマスクを脱いで素顔で闘うそうな。ファイト!

中華風居酒屋 いか家(大門横丁内ページ)

それにしても最近、5人で来て餃子1皿だけのオーダーとか、そういう若者が目につくそうでお店側も苦労しますな…。自分も学生時代なんかは、あんまりお金を使えなかったけども、、、そこには罪悪感とか恥ずかしさとか、申し訳無さとかがあったように感じます。ゆえに、バッとたくさんオーダーする機会を作ったり、友達を紹介してみたり、ちょこっとずつお店に恩返しができればいいな、という気持ちがあったのですが。。。

最近は、居酒屋ですら”コンビニ”感覚なんでしょうかね。おっさんおばさんなどの先輩と飲みに出ない子が増えているからゆえに、「街の酒場でのお作法」のようなものを知らない子が多いのか。。。かたっ苦しいことではなく、単純に「粋」な飲み食いの仕方というか。私も偉そうなことは言えませんけどね!