読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館食道楽プラス

函館で食べたり、見たり、聞いたりしたことと、仕事の話とか。

これだけの肉を安く食べられるグリル塩豚@湯川町1丁目は凄まじい

f:id:taberu_hakodate:20140528021759j:plain

かつて200円でラーメンを提供していた時期があった「グリル塩豚」。その安さから「安かろう悪かろう」かな?と思っていたのが全くの誤解でした。五稜郭タワーから若松町まで歩いた後で腹ペコ!そんな時に一緒に歩いていたKさん夫妻に誘われて初来訪。

私は昼からオーダーできる「晩酌セット1000円ちょっと」を。ビールはノンアルコールカクテルに変えられるのが親切。鶏の半身揚げ、味噌汁、ごはん、ビールのセットメニュー。じっくりパリっと揚がっている鶏肉は余計な油が落とされているようでジューシーなのだけれど全くクドくない。某ファーストフードで鶏肉とビスケットを食べるなら断然こちらを食べたほうが満足感がありますなー。キャベツの千切りが付いてるともっと嬉しい(野菜を食べるべきだという強迫観念ゆえ)。

f:id:taberu_hakodate:20140528021806j:plain

Kさんがオーダーした「カツカレー」。いやあ、これはすごい。こんなに分厚いトンカツを見たのは初めてです。しかも、肉質が良いからなのか、まったく嫌なクドさがありません。それでいて、脂身はジューシーで…。いくらでも食べられそうなトンカツです。これは、揚げ物が苦手な私には大変珍しいこと。

なんでも、豚を大きくブロックで買い、自前で塩漬けにするということで、価格帯も安く提供できるという仕組みのようです。

いやはや、これはすごい。