読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館食道楽プラス

函館で食べたり、見たり、聞いたりしたことと、仕事の話とか。

元ペンギンズバレーと猫天国

f:id:taberu_hakodate:20130905035402j:plain

外人墓地の近くの道を函館山の裏の方へ、裏の方へ這うようにして進む砂利道を進んだところに穴澗という場所があり、岩場メインの海水浴場になっている。近隣にGLAYのTERUさんの親族が住んでいるとか住んでいたとかで、GLAYのTERUさん縁の場所ということで巷では有名な場所。

そんな穴澗海水浴場の一角に「ペンギンズバレー」という喫茶店があった。もっとも、私が函館に住み始めた頃はお店は閉店間際だったような記憶があり、学生時代の終わり頃、再開しているんだとかなんとかで、はるばるランチを食べに足を運んだ覚えがある。

ちょっとした用事で3年ぶりくらいかな、それくらいぶりに穴澗の方までカメラを持って車を走らせてみたら、今年の雨と太陽の日差しで繁茂した木々やら草やらでお店のテラスが覆われていて、見事で完璧な廃墟のようになっていた。

隠れ家っぽくていい場所にあるお店なので、「いつかまた再開店しないかなー」と思っていたことと、思いの外記憶にある建物の状態から時間がたっていたことに軽く衝撃を受けたのだった。

それはそうと、住人の他にはあまり人が訪れない静かな場所ということで、ちょっとした猫天国になっていたのも不思議な感じ。

f:id:taberu_hakodate:20130905040247j:plain

f:id:taberu_hakodate:20130905040258j:plain

f:id:taberu_hakodate:20130905040307j:plain

大きい猫が2匹。まだ子猫のような若い猫が1匹。連れたって行動していて、黒猫には乳も確認できたことから、家族猫なのだろうか?と思いつつ。山すその方からツツツと、3匹歩いてきて、岩場の際に生えている雑草の下で日除けしつつダラリとこちらを伺う3匹。

結構近くまで寄ってカメラを構えても威嚇されることもなく、警戒心が希薄なのか、危なそうなニンゲンではなさそうってことで相手にされていないのか(笑)。1枚目の子猫はおもいきり尻尾が直立。